my style is...

nibaru.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 21日

台湾で己を知る。。。

c0155330_18142596.jpg
先週ちょろっと台湾に行ってきました。
続けさまに発生していた台風に心が翻弄され、どうかサイズが上がり過ぎないようにと祈りつつ、飛行機を乗り継いで台東に到着。
今回のトリップでは台東から車で40分くらい北に行った東河というところでステイします。

初日は移動のみ。
2日目からは朝5時起きで1ラウンド、昼寝して夕方もう1ラウンド、で22時頃には寝てるってパターンで過ごしました。
宿から車で5分(歩いてみたら30分くらい)に河口のポイントがあって、ここが一番近くて波もコンスタントにあって、さらに自分みたいなテケテケでも危険が少ないポイントです。
ガイドさん曰く、僕が着いた日は今年1番と言っていいいくらい波が無かったそうですが・・・それでも腹胸サイズありますけど???
ローカルの方々はロングとショートが半々くらい。
最初の1ラウンドは挨拶もままならなかったですが、面子はだいたい同じということもあって、2ラウンド目以降はフレンドリーに接してくれました。
自分にとっては一番楽しいサイズの波をたっぷり楽しませていただきました。
が、浜に上がるときにボトムの玉石でザックリ足裏を切っちゃいました。
注意が足りていなかったですね。。。反省。

3日目になると台風11号のうねりがばんばん届いてきていて、ガイドさん達が某リーフポイントのダブルくらいの波で遊んでいるのをずっと眺めてました(悲)。
観てる分には、波のサイズだけだったら面もキレイで自分にも行けそうに思えますが、ボトムのリーフは鋭く、熊にやられたみたいにアバラの辺りをざっくりえぐっちゃったイギリス人の姿とか、見た目以上に強いカレントなんかを冷静に考えたら、とてもじゃないけど無理できません。。
夕方はガイドさんに風とサイズをかわせるシークレットに連れていってもらって、子供と女の子と3人で貸切ビギナーセッションを楽しみました。
河口やリーフは炸裂してた波も、ここではクリーンに割れるセット胸のファンサイズ。サイコーです。
帰国日も早起きして、前日のシークレットで完全貸切で1ラウンドやってから帰国の途に。

正直いって波乗りに関しては、自分のレベルの低さを思い知らされました。
パドリング力の不足とダックダイブができないことは致命的です。
その2つにある程度自信が持てれば、サイズ頭オーバーくらいまでだったら河口ポイントはかなり楽しめそうな感じです。

食事は1食200~300円くらいで満足できちゃうし、地元の人は親切だし、海は空いてるし、治安も良いし、波はほぼ必ずあるし、初めてのサーフトリップの行き先としてはかなり恵まれた環境じゃないでしょうかね。
c0155330_1811361.jpg
c0155330_18114978.jpg
c0155330_18121149.jpg

[PR]

by something_great | 2010-09-21 18:16 | 波乗り


<< 乱読      後立の空白地帯へ >>