2010年 11月 26日

読み終えたくなかったな~

岳人備忘録 登山界47人の「山」 と題した本がある。
こいつがメチャメチャ面白く、熱くたぎらせられ、深く考えさせられ、とにかく夢中になって貪り読んでしまった。
で、今日とうとう最後の1Pを読み終えてしまい、ちょっと残念というか、続きが読めないことが寂しい気持ちになってしまっている。

1996年にビヨンドリスクという本が出てそれがまたかなりの傑作なのだけれど、岳人備忘録も同じように岳人のインタビュー集というかたち。
登場する岳人の方々・面子が素晴らしく、それぞれの立場やスタイルなんかで意見が違っていたり、熱く尖がっている人の一方で穏やかに優しく山を愛する人もいて、イロイロな種類の山好きの言葉が集められていて偏っていないところも好き。

登山という輪の中にはイロイロな楽しみかたがあって、自主的に山に向かう気持ちさえ持っていれば、それぞれ素敵な山との関わり方がきっとあるのだろうな。

とりあえず、もう一回読もう。
[PR]

by something_great | 2010-11-26 23:00 | 読書


<< プッシュ合戦      あ~ 帰りたくないねぇ >>