2011年 07月 02日

127時間

仕事終えてからレイトショー。
以前おかきんさんに教えてもらった映画「127時間」。
冒頭のかっとびMTBや、日本のそれとは異なるキャニオニングのシーンはあくまで序章だった。

狭い渓谷の中、落ちてきた岩に右腕が挟まれ動けない!
さぁ自分ならどうする?
どんなにイメージしても、手持ちの装備で岩を削るくらいしか思いつかない。。。
結果、白骨化してから発見されるとか。。。

脱出劇の内容は知ってはいたものの、思いのほかリアルな描写にスクリーンを見ていられない。
自分だったらその選択肢は選べないだろうなぁ。
でも極限状態だったらやっちゃうのかなぁ。
いやしかし。。。
・・・衝撃度特盛りだった。

トレイラーはコチラから→127時間
[PR]

by something_great | 2011-07-02 00:01 | 日記


<< やっぱり外が良い      滑り手の表現 >>