my style is...

nibaru.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 15日

大日岳デビュー

岩に夢中なRock氏が「山を歩くなら」と言ってくれたので仲間に誘い、mihoと3人で大日岳へ向かった。
今年最初のBCなので何かと不備がありそうな予感を抱えつつ、歩き出したら曇っていた空から陽射しが差し込んで気分は上々。
歩き出して10分で既に幸せ気分一杯になっていた。
日曜日なので入山者も割りと多く、だいたい25~30人くらい入っていたのだろうか。
c0155330_21365592.jpg

眼下に広がる景色を眺め、滑走ラインを探し、下山ルートを確認しながら、ぽくぽくと歩く。
程なく風に晒される山頂に着き、北東側の斜面を覗いてラインを探す。
北に連なる稜線を辿ってから落とそうと歩き始めるが、考え直して山頂直下から北東面へとまず1本。
初めての山なので特に慎重に。
雪は軽いし程よい深さで快適だけれど、もう少し斜度があれば言うことなしか。
適当なところで登り返して別ラインからもう1本追加。
2本目は距離も長めに取れて満足。
c0155330_21453394.jpg

3本目に行こうか迷うが、帰りのルートも初めてで不安だったので余裕を持つために戻りのラインへ。
陽の当たる面はやや固い層が底付きするものの、少し落としたら気にならなくなった。
まだ雪が少な目なのか、地形が細かく複雑でブッシュも多いが、その合間を縫うように板を走らせる。
尾根の登り返し地点がうまく定められず、最終的にはラッセルで汗をかいたがそれもまた良し。
ぶなの森に包まれた幸せな時間だった。

25000図の細かい読み取りが甘く、余分な汗をかいてしまったが、それもまた次の糧にしよう。
登り返しだけでなく、場面場面の判断のスピードにも課題を感じたが、それも同様。
ここは楽しいだけじゃなく、経験を積むにも良い場所だと思った。
c0155330_2150126.jpg

[PR]

by something_great | 2012-01-15 21:51 | snowbording


<< 飛騨の冬の楽しみ      新年会 >>