my style is...

nibaru.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 01日

妙高Snow Session

平成18年豪雪に匹敵するか、既に超えてしまっているかもしれない降雪が続く北信エリア。
関温泉に向かう道の両側は車2台分の高さをゆうに超え、4m近い壁になっていた。
降り過ぎはそこに住む人たちの苦労を増やす。
だから心から喜んではいけない気持ちも持ちながら、滑り手としては抑え切れない興奮もまた一方で持ちつつ、今回のトリップ先の妙高に向かった。

自分のルーツの1つである神田の現メンバーがオフサイトでスノーセッションをするという情報を得て、丁度休みのタイミングがヒットしたので遠慮なく合流させてもらうことに。
神田からは13人、名古屋からは3人、2日目には埼玉から1人も駆けつけた。

1日目;赤倉観光(AK)
名古屋組は昼からの合流。でも午後一杯十分にコース脇の柔らかめを堪能。
ボコボコだけど、柔らかければいい。
なにより、大勢でわいわい滑るのは単純に楽しい。
上手い人も初めての人も、雪の上で一緒に遊べるだけでOKでしょ。

夜は名古屋組はランドマーク妙高でまったりと。
滑った後にまたロングドライブしなくて済むのは純粋に嬉しい。
ビールも飲めるし、温泉入って寝るだけってのは身も心も緩む。

2日目;関温泉(SK)
前日クローズしていた関はこの日もリフト下の除雪に時間がかかり、1時間遅れのスタート。
全山最高のパウダー。
様子見は最初の1本だけ。
リフト1本でどれほどの幸せを感じたことか。。。
自分的にはTHE DAYに近い、後々続く幸福感を得られた日。

やっぱりね、大勢で滑るのはそれだけで楽しいってことですよ。
そして山にはたっぷりのパウダーがあったことで、喜び倍増なんですよ。
あーありがたやありがたや。
一緒に滑ってくれたみんなと、妙高の雪と山に感謝。
c0155330_22365482.jpg

*ゲレンデへのアクセスは雪の壁を登るところから始まる。
最初どこからゲレンデに行けばよいのかわからんかった。。
[PR]

by something_great | 2012-02-01 22:37 | snowbording


<< 和泉DAY      飛騨の冬の楽しみ >>