my style is...

nibaru.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 19日

南東北Trip

ずーっと行きたいと思っていながら、距離と時間を理由に実行に移せなかった山形Trip。
ちょっと強引に休みを取って、各地の友人に会いながら山形・福島を周る旅に出た。
主目的は山形・小国に住む友人を訪ねること。そして東北のローカルゲレンデを周ること。
自らに課したテーマは、できる限りその土地のモノを口にし、個人商店でモノを買い、温泉にたくさん入ること。

ゲレンデは胎内・シャルマン火打(新潟)、横根・山形蔵王・グリーンバレー神室(山形)、猫魔(福島)。
どこもそれぞれ魅力があり、どこで滑ってもスノーボードは楽しい。
ひとつだけスケールが桁外れな蔵王ではガイドを頼み、ゲレンデ内パウダーセッションをしながらカービング道場まで。これでまた一つスノーボードを続けていく楽しみを知った気がする。
猫魔ではリッキーにスポットを案内してもらって楽しいFun Ride。もっとツリーを速く滑られるようになりたいなぁ。。。
久しぶりのシャルマンではカッキーと北陸重量級パウダーセッション。TTだと。。。
一番印象に残ったのは神室。降った後に行ってみたい。平日13時オープン、2時間券1000円、素敵な場所。

印象に残ったといえばkegoyaの2人の生活もインパクト大。
庭に飼ってる鶏小屋には雪の壁を登って、雪の穴を降りて行く。そして卵がボウルにたっぷり。
青菜(せいさい)漬け、わらびの和え物、山菜が本当に美味しく、滋味溢れる豊かな食事。
小屋の生活、雪下ろし、籠細工、地域の中での振舞い、全て2人が自力で手に入れ、マガイモノ無し。感服。
山辺町に住む旧知のNくんも親切に泊めてくれてありがとう。
南国愛媛でつかまえた素敵な奥様の雪国生活での苦労はすごくわかりやすく、共感できるなぁ。
Nくんの夢は、自らが手をかける全てが繋がる素敵な夢。その具体的な想像力に、僕も引き込まれていった。
2軒の家族とはこれから先、Give&Takeな関係を深めていきたいと強く思う。

温泉は百目鬼(どめき)温泉と猫魔ホテルのお湯が双璧だった。
特に山形は全市町村に必ず温泉があり、だいたい300円くらいで入れるのが最高。
洋介さんに教わったそば処鶴子の蕎麦は美味かった。けど、蕎麦の前に出されたぶりっぶりのきくらげも最高だったな。山形市内の居酒屋小柳(こやぎ)で食べた焼き鳥と冷やし肉ソバも印象深い。

新雪には当たらなかったけれど、その分朝からがっつかずに済み、のんびりとした時間の中で滑りその他色々味わえた旅だった。
気にすることと言えば、その日の寝る場所(車泊する道の駅)と食べるところと温泉の3つ。
行動プランはかなり流動的で、土地の人に聞けば間違うはずがなく、その話を待つこともしばしば。
その日その日を気ままに移動できるのは楽しかった。
旅は自分の思考や持ち物をシンプルにさせる。
長くなればなるほど必要なモノが精査され、思考も自分に忠実になり、身軽になっていく。
その感覚を少しでも思い出せたのは収穫だ。
高速のSAを除いてコンビニも全国チェーンも利用することなく、少しずつお金を回していけたのは密かな自己満足。

最後の〆で、急遽黒姫の知人別宅に寄らせてもらったことで、旅がうまい具合に完結できた気がする。
暖かいログハウスでおしゃべりしながら、旅の充実感と居心地の良さの両方を感じていた。
あー、旅は素晴らしいな!
c0155330_22595554.jpg
c0155330_2301478.jpg
c0155330_2303744.jpg
c0155330_23053100.jpg
c0155330_2311579.jpg
c0155330_2313135.jpg

[PR]

by something_great | 2012-02-19 23:04 | snowbording


<< 大日Again      和泉DAY >>