2012年 05月 26日

とことんやりきった男

「空白の五マイル」 角幡唯介著 集英社

もう1年半ほど前に発行されていたもので、話題にもなっていたしもちろん知ってはいたけれど。。。
現代に残された地理的な空白部に対する意味付けを拒絶し、同年代の探検部出身者の成功(?)に対する嫉妬心も無きにしも非ず、といった拗ねた理由をつけて今まで手に取ろうとしなかった。
が、少し時間がたってそのような感情もどこかに忘れてきたようで、久々に味わう探検のロマンや史実、生々しさに夢中になって読みきった。

著者自身の探検記の部分と、過去のツァンポー渓谷探検にまつわる歴史の部分が、同じような熱量で書かれていることが自分の好み。
何気なく書いているけれど、壁や藪を突破する技術的な困難さや、空腹や寒さ、痛さ・痒さを常時感じながらの行動、先行き不安な交渉事など、ひとつひとつの問題も相当な深度を持っているはず。
ただそこにはさらりと触れるにとどめ、ツァンポーに込めた想いの大きさが伝わる内容にまとめたところに、独自のバランスを感じた。
もっとページ数があっても良かったように思うけれど、読み物としては適量なのかな。

昔自分達が行った中央アジアの河の活動の続きに、「ヤルツァンポー」という巨大な山が現れたこともあったけれど、大きすぎる距離的・政治的・技術的な壁をちらと感じただけで、一瞬で白旗を揚げたことを思い出し、「ちっちゃいなー、じぶん」と改めて思う。それが現実。
諦めを正当化しつづけてきた中で、自分は今何を手にしているのかな?

 
[PR]

by something_great | 2012-05-26 19:13 | 読書


<< Good Hiking      ちょっとそこまで >>