my style is...

nibaru.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 14日

花の名山

今年最初のテント泊山行は白馬岳へ。
高2で訪れて以来だから随分と久しぶり。
前回は唐松からキレット経由で蓮華温泉に抜けたので、今回は歩いたことの無い大雪渓を詰めることにした。
天気予報は2日目に確実なる雨予報。。。

白馬の道の駅で仮眠後、八方バスターミナルに行ってみると・・・猿倉行きのバスが無い。
本格的な夏山シーズンはこの週末からで、各所のバスの運行も13日から始まるそうで。
事前に調べるべきだったが、まぁそうならそうで別にいいかと気にせずにそのまま猿倉へ。
c0155330_22462682.jpg

c0155330_22464589.jpg

猿倉から白馬尻小屋を経て大雪渓に入る。
雪渓歩きは単調な上に急傾斜を直登するよう仕向けられるので足に堪える。
時折左右の支沢から「カラカラ」と落石が転がり落ちる音が響く。
自分に向かってくる石が無いか進行方向上部を見ながら歩くのもまた厄介。
登るに従い雲が切れ始め、稜線手前ですっかり抜けて見事な杓子岳が間近に見える。
c0155330_224751.jpg

c0155330_22473362.jpg

半分バテ気味ながら頂上小屋に着き、そのままテントを張ってしばらくのんびり過ごす。
寝不足と体力的なものと、いつものように最初はグロッキーになり、何もする気なし。
それでも晴れてるうちに頂上だけは行っておくかと空身で山頂へ。
頂から望む剣の形は見事な三角錐で格好良い!
山頂からの眺めを満喫した後、フラフラしながらテントまで戻って昼寝。

予報通り夜半から雨が降り始め、翌朝もバッチリ雨。
あわよくばと思っていた栂池行きをさっさと諦め、そのまま大雪渓を下山。
下山した時間が早くて昼飯にも温泉にも微妙な時間だったけれど、「みみずく」と「ちとせ」で無事済ませ、せんじゅさんにも立ち寄ってのんびり。
時間がたっぷりあったので帰路につくのも余裕があった。

で、今回家に帰ってから確認したお花たちは・・・
ウルップソウ・キヌガサソウ・シナノキンバイ・ミヤマイシガマ・イワウメ
タイミングとしてはちょっと早かったっぽいけれど、それでもお花畑は目に優しい。
c0155330_2250117.jpg

[PR]

by something_great | 2012-07-14 22:51 | 山歩き


<< Alpine Climbing      垂壁のかなたへ >>