my style is...

nibaru.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 08日

喜作新道

c0155330_15514110.jpg

食わず嫌いだった表銀座縦走路を3泊4日で歩いてきた。
天候が良くないことなどまったくイメージしていなかったのだけれど、こればかりは仕方なし。
たっぷり歩いて身体が山仕様になったかも!?

燕山荘までの合戦尾根は先月のブナ立て尾根の登りを経ているので、気分的にもだいぶ楽。
景色は望めず、したがって燕岳の山頂に行く気分にもなれず、テントを張ったら燕山荘でまったりとケーキタイムを楽しむ。
小屋の食堂に飾られた畔地梅太郎の版画が非常に心をくすぐる、気持ちのよい小屋だった。
c0155330_15492980.jpg

翌日はヒュッテ西岳まで稜線歩き。
時折雲が抜けると黒部方面の山や沢、常念岳あたりが視界に広がり、「銀座」と称される人気コースの理由もわかりかける。
大天井岳・西岳は一応ピークだけはしっかり踏んでおく。
ヒュッテ西岳のテント場は先客がいないこともあって良い場所を確保できた。
雰囲気の良い場所だけれど、風が強いときに吹きさらしのスペースしか空いていないと結構辛そう。
夕方はまさかのマジックアワー到来でプチ興奮。
c0155330_15495099.jpg

翌朝もよく晴れ、水俣乗越に降りる途中に朝焼けが北鎌から南岳までの山稜上部を照らす。
ハシゴの多いルートだけれど、喜作さんが拓いたこのルートはやっぱり槍を目指す上で素晴らしい路だと思う。
c0155330_15501662.jpg

常に槍の大きさ・存在を意識しながら山頂を目指すのは気分が良い。
槍ヶ岳山荘に着くまでは好天ももってくれた。
山頂ピストンし、「ワンダーフォーゲル誌」の取材を受けて気分もアゲアゲ。
c0155330_15511525.jpg

やーまも行く気になったことで、予定通り南岳へ3000mの稜線歩き。
後半体力的にはキツクなるが、無事南岳小屋へ到着。
風が吹き荒れ、小屋の風力発電が凄い音を立てて稼動している。
しばし小屋の中に入ってゆっくりと登山者同士の交流を楽しむ。
南岳小屋の居心地の良さは格別なものがあった。

最終日、ハイライトは氷河公園の景観だったが、雨とガスで期待も飛んでいった。
それでも天狗原への急な下山路を歩いているときに、ガスが切れて目の前に広がった横尾谷の雰囲気は抜群だった。
このカールの中にテントを張って停滞したいという現実的な願望と、喜作や品右衛門ら職猟師たちが熊やカモシカを追った時代の姿と変わらない景観を目の当たりにしている夢心地に、しばし陶酔。
氷河公園での絶景は楽しめなかったけれど、ビックリ平と西岳、そしてここで味わうことができた景観に、自分としてはすこぶる満足を覚えた。
c0155330_15504823.jpg

c0155330_15533589.jpg

[PR]

by something_great | 2012-09-08 15:53 | 山歩き


<< MIZUGAKI      烏帽子岳 >>