2012年 09月 18日

MIZUGAKI

USAから世界のTOP ALPINE CLIMBERの1人、Steve House氏が来日。
横山Jumboさんも加わって、クライマー同士の交流を図るSession&Talkイベントが開催された。
とりあえずノリで参加を決めて、あとは流れに身を委ねた2日間は、自分としてはFunな部分とピリッと考えさせられる部分とがあって、ミーハーな喜びとは別のものもしっかり身体に残った2日間となった。
c0155330_22354454.jpg

初日の日中は参加者全員がそれぞれボルダリングやフリー、マルチと別れてフリーセッション。
ミズガキのボルダリングエリアは気持ちよく広がっていて、恐ろしいほどの数の課題があるらしい。
和気藹々とした雰囲気の中、自分は「あかね雲/3級」ができずに早々に宿題持ち帰り。。

雨でセッションがなんとなく終わり、でもまた止んだのでフリーをやりに不動沢へ。
Steveはやっぱりギアを触ると楽しそうな表情をする。

c0155330_2242266.jpg

夜はビール片手にスライドショーに聞き入ったり、参加者と歓談したり。
そのままテントにもぐりこんだのだけれど、原因不明の足首の激痛によってほとんど眠れず。。。
翌日のフリーもほとんど登れずにビレイヤーの役割だけ全う。

クライミングが益々楽しくなってきていることに(少々危険に感じながらも)改めて気づいた2日間。
この場に居た他のみんなのように尖がった意識を持ったクライマーにはなれないけれど、自分は自分なりに山との関係を維持し、深めていきたいと思った。
目標を持つことでそのための努力、過程があり、そこに注ぐ情熱がスタイルを作るのかな~。
なんか色々と考えることが増えたような気がするけれど、それも収穫だな。
[PR]

by something_great | 2012-09-18 22:53 | 岩遊び


<< クラック修行      喜作新道 >>