2013年 03月 15日

最近は。

怪我してから外遊びを控えてるわけなんだけれど、そうすると休みの時間の使い方がわからなくなった。
連休があったとしても、「家に居る」という選択肢があることに違和感?抵抗感?があったりして。
休みはどこか行かないと落ち着かないというリズムになっていたことに怪我をして気づいた。
そんな感じなので、最近の楽しみは「食う」「寝る」「読む」だったりする。
あと約2ヶ月、我慢も必要だけれど、なにか見つけられたらと思う。

久しぶりに読書録。
「今日もていねいに。」 松浦弥太郎
「暮らしの手帖」の編集長でもある著者の文章は以前から馴染み良さを感じていた。
『あー、そうそう』と納得したり、『このままじゃいかん』と自分を律しようと思ったり、まぁこんな状態だからか素直に染み込んでゆく内容盛りだくさん。

「レスポンシブル・カンパニー」 イヴォン・シュイナード&ヴィンセント・スタンリー
社会や環境に対する責任の果たし方、企業としてだけでなく個人レベルでも再考のきっかけとなる。
イヴォンってどこまで深い人なんだろう。
再読必須。 

「激しく倒れよ」 沢木耕太郎
沢木耕太郎ノンフィクション・シリーズの第1巻「スポーツ/短編」集。
たまたま偶然、これで読んでいた輪島功一と柳済斗の1戦について、一昨日のBSで同じ1戦についての番組を放映していたので観たのだけれど、映像よりも文章の方が濃さと熱さがあるように思った。
短編集とはいえ、500Pを超えるものを読むのは久しぶり。それだけ時間があるってことか。
でも沢木マジックにハマってしまい、このシリーズを読み続けたくなってしまった。古本屋で探さないと。
[PR]

by something_great | 2013-03-15 12:42 | 読書


<< 大好物を囲んで      愛 >>