カテゴリ:日記( 63 )


2011年 03月 06日

うどんの国で

遊び仲間が結婚式に呼んでくれたので、讃岐の国へ。
c0155330_23402762.jpg

なんだか思ってたよりも時間がかかったけど、久しぶりに瀬戸大橋を渡って、式が行われる宇多津の町に到着。
爽やかな青空の下、素敵な親族の方々に混じって、新郎新婦を冷やかす(笑)
なにはともあれ、幸せのお裾分けをたっぷりと頂いてきた。
c0155330_23421737.jpg

c0155330_23424698.jpg

これから可愛い新婦をどうやってうちらの(健全な)遊びに巻き込んでゆくかが課題だな(笑)

さて、折角うどんの国にやってきたので、もちろん食事はうどんのはしご。
宇多津の「おか泉」、牟礼の「山田家」、高松の「竹清」、どこも納得のお味。
近所のうどんやさんと、なんでこうも違うのかな~。
恐るべしうどんの国。
[PR]

by something_great | 2011-03-06 23:50 | 日記
2011年 02月 08日

菊芋焼酎

c0155330_22143484.jpg

信州・小谷の菊芋を使った焼酎「菊乃助」
久しぶりに飲んだけれど、やっぱり美味い!
[PR]

by something_great | 2011-02-08 22:15 | 日記
2011年 01月 16日

豪雪

いやー良く降った(いや、今も進行形か)。
朝起きたらアパートの周りは薄っすら積もってる程度だったけど。

今日は法事で養老に行かねばならない。
大垣の手前から雪が本降りに変わり、養老の家は既に10cm以上積もっていた。
雪は止むどころかどんどん激しさを増していき・・・。
c0155330_2215036.jpg

これが昼過ぎで。
さらにガンガン積もって、帰る頃にはこれの倍。
あー、やっぱり雪板持って来るんだったか。
いや、そんなことより、帰りの道中が心配。
自分らに関してはいいとして、慣れていない人にとってはオオゴトだ。
高速も国道も悲惨な状態になっていた。
名古屋高速は当然のごとく全面通行禁止。
こんだけ降ると雪に慣れていない地域の交通はまったく脆い。
何年か前に本当に酷い降りかたをした冬があったけど、あれ以来の積もりっぷり。

自分的には雪はテンションを上げてくれるし、雪道ドライブも嫌いじゃない。
でもしばらくは自転車通勤は無理だな。。。
[PR]

by something_great | 2011-01-16 22:25 | 日記
2011年 01月 16日

久々のナマ

JOHN BUTLER TRIO from AUS


前回とメンバーは変わったが、相変わらずかっちょよかった~。
クアトロはステージとの距離が近くてgood。
フロアに充満するシガレットの煙と自分の汗でベタベタ、でもそんなの関係なし。
スバらしかった!
[PR]

by something_great | 2011-01-16 22:09 | 日記
2011年 01月 07日

新年会 ~Rock Family~

嬉しいことに昨年はボルダリングのおかげで随分と横のつながりを築く事ができた。
そんな流れで、岩繋がりの新年会を開催。
お初の人も、山談義数分であっという間に山仲間。
テーブルの各所で、熱いトークが繰り広げられていた。

隣のテーブルの女子会(?)も強烈だったが、自分達のテーブルも傍から見たら結構異様だったかも。。
複数の人間が一般人には見えないホールドをつないで「エアボルダリング」してるのは、客観的に見てかなり怪しい(笑)

ま、そんなことは全く気にすることなく、岩・山・滑り・ライフスタイルまで語り合った素敵な時間。
なかなか席を立ちがたく、またも終電を逃したことはご愛嬌。
それにも増して楽しい時間だった。
今年もまた目標に向けて切磋琢磨し、怪我無く楽しんでいきたい。
自分の山との関わり方、理想の姿もまた少しハッキリしてきたし、益々楽しくなりそうだ。

みなさま、今年もどうぞ宜しくお願いします。
[PR]

by something_great | 2011-01-07 23:18 | 日記
2010年 12月 09日

雪の上に立つ前に

岩に触りたいのをグッと我慢し、雑用をイロイロと片付けないと。

まず車。なんだか気づいたら塗装が劣化して粉を吹いてきている!
見て見ぬふりをすることもできるが・・・やっぱり気になる。
ということで今更ながらコーティングとやらをお願いしてみた。
3時間半くらい車を預け、作業完了後の愛車を見てみたら、あらビックリ。
期待以上に光沢が戻った!
細かい傷もほとんど消えた!
さすがプロのお仕事、お見事。

で、家に戻ってタイヤを冬用に交換して~、スノーボードの準備して~、なんだか気になって部屋のサッシの掃除をして~、諸々してたら休みの時間があっという間に過ぎていった。

明日はようやく初滑り。
今年はこいつもあることだし・・・
c0155330_182341.jpg

へへへ、楽しみ楽しみ。
[PR]

by something_great | 2010-12-09 18:03 | 日記
2010年 11月 24日

あ~ 帰りたくないねぇ

先月頭に行って以来なかなか行けずにちょっと間が空いてしまったけれど、開店してからようやく珈琲せんじゅにお邪魔しに行くことができた。
プレオープンの時には無かった重厚な扉をするっと開けると、お店は暖炉の熱でぽかぽか。
emimiさん、mitsuさんはそれぞれすっかり珈琲店主とパン職人のお姿に(当たり前か)。
「いやー、お懐かしゅうございます~(笑)」
emimiさんの珈琲、ホントに美味しいっス。
普段はストレートしかほとんど飲まないけれど、ここのブレンドはパウダーもグラッシーもストロングもそれぞれに味わいがあり、どれにしてもハズレなし。
そのときの気分にマッチすると思う名前で選んでも良いなぁ。
で、mitsuさんもしっかり働いております(笑)
焼きあがったパンの表情を見て、まだ納得しきっていないご様子。
職人の目は厳しいのです。
焼きあがり、並べられたカンパーニュは見ているだけでも幸せになれる可愛い子たちなんだなぁ。
c0155330_23521460.jpg

・・・いや、今回は味見がメインじゃなく、お手伝いをしに来たんだった。
雨っぽい予報だったから安心して遅くまで寝ていたら、運良く雨は止んでいたので朝食後に外へ。
外にはぶっとい丸太がゴロゴロ転がっているので、こいつを少しでもやっつけるべくmitsuさんはチェーンソーを片手に丸太の山に向かい、自分は斧じゃなくて薪割り機を前に、mitsuさんがぶった切った丸太を手頃なサイズに割って積み上げていく担当。
c0155330_23524972.jpg

一言に丸太と言っても、乾き具合や腐り具合で割れ方もイロイロ。
パカンと気持ちよく割れてくれるのは極稀で、ほとんどは割れないか割れにくいか。
あれこれ考えずに途中からマシーン化して、目の前の丸太が減っていくのを心の励みに黙々と作業。
c0155330_23531383.jpg

最終的に腰がヤバイことになりつつあったので、ギブアップ宣言。
機械でやっても楽じゃないのに、これを斧でやるってどんだけ・・・。
c0155330_23532930.jpg

今週やってくるらしい開田のセミプロの仕事を見てみたいなぁ。

日が暮れて、ずっと気になっていた焼肉深山&温泉で疲れを癒していたら完全に「帰りたくない病」に罹ってしまったけれど、サラリーマンは現実にもどらねばならない。
また来月!と強がって、今回は白馬を後にした。
[PR]

by something_great | 2010-11-24 23:58 | 日記
2010年 11月 17日

京都に行こう③

「京都散策」
今まで京都を散策ってことを、実はしていなかった気がする。
点と点を効率良く繋げていく動き方ばかりだったなぁ。
今回ももちろん目的地はいくつかあったけれど、その間の動き方による面白さを少しだけ気づくことができたかな。

狭い路地を適当にぶらついていたら・・・
家の門にひとつひとつ個性がある。
仲間で借りたら面白そうじゃない?という家がある。
白壁を攀じるカマキリに出会う。
なんだかちびっこく面白いことを見つけていく。
京都だからか?

で、訪れた幾つかの場所。
●京の生菓子 出町 ふたば
豆餅は絶品。
●銀閣寺
人の流れに飲み込まれないように、自分の好きな空間を切り取る。
●太陽カフェ
朝からとにかく珈琲が飲みたかった。
●ガケ書房
たまたま見つけてしまった。
沈没必至。
●下鴨神社
森と苔に浸りたかったのだが。。。
●かもがわカフェ
京都の主ご推薦。
居心地良く長居してしまう。
トリバザール
京都の主の奥様ご推薦。
こじんまりと、僕らのツボの道具がいっぱい。
●タイキッチンパクチー
車窓から見て一度は通り過ぎるも、空腹のため舞い戻る。
活気があって癖のないタイ飯屋。

盛りだくさんに見えて、実はそうでもない。
余韻に浸りながら夕食をとり、帰りたくないな~と。
漏れ出た自分の感想にちょっとびっくり。
ということでまた来ること決定。
今回のきっかけを作ってくれたTomot氏にはマジ感謝。
次回は北国で集合だね。
[PR]

by something_great | 2010-11-17 22:57 | 日記
2010年 11月 16日

京都に行こう②

c0155330_21504538.jpg

c0155330_21512174.jpg
c0155330_21514124.jpg
c0155330_21515944.jpg
c0155330_2153896.jpg
c0155330_21532752.jpg
c0155330_21533937.jpg

京都の秋。
銀閣寺と下鴨神社。
観光客は100万人でも、惑わされずに感性を解放してみたい。
澄んだ空気の中に見えてくるものがある。
[PR]

by something_great | 2010-11-16 21:58 | 日記
2010年 11月 15日

京都に行こう①

ソウルメイトの個展が京都のエポケカフェにて開催中(10/11~11/28)。
東京在住の作家夫妻がこの週末会場に行くよ~と。
そんなお誘いに乗って古都に向かうことにした。

土曜の仕事を終えてそのまま車を走らせ、エポケカフェに着いたのは日が変わるちょっと前。
半地下のカフェの片隅で久しぶりの再会を喜び、しばし歓談。
カフェの白壁に彼の絵が飾られている。
"BOHEMIANS SKY"
彼の描く絵の色が好きだ。
漂ってくる旅の気配が好きだ。
なんとなく旅に出ようかな~と思わせる雰囲気が好きだ。
今回並んだ作品も、いつものように僕の心をくすぐった。
でも買えなくてごめんよ(笑)。

深夜、閉店間際のカフェを出て、今宵の宿はゲストハウス「KAZARIYA」。
大通りに面していながら、古びた佇まいを残した町家の一室に荷を解いた。
ここがまた実に味わい深い空間で、たった一晩眠るだけしか過ごせないのはもったいないところ。
翌朝目覚めてから近所の銭湯につかり、部屋に戻ってテラスでジャスミン茶。
のんびりしてたらモーニングの時間を過ぎてしまい、チェックアウトの時間になってしまった。
ここにはいつかまた戻ってきてテラスでくっちゃべることを誓う。
c0155330_2354972.jpg

<②に続く>
[PR]

by something_great | 2010-11-15 23:06 | 日記