「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:岩遊び( 62 )


2013年 05月 19日

Ogawayama-!

たぶん15年ぶりくらいの小川山。
関東の愉快な連中と休みが合い、行く前から密かに興奮状態。
c0155330_22403354.jpg

楽しみにしていた噂のクジラ岩ではエイハブ船長にもトライ。
右手が止まらなかったけれど、これはなんとかしたいな~。
1本しか撃たなかったけれど、隣の穴社員のほうが指に厳しくてキツかった。
それとダイレクト・フィンは最後メンタルで負けたのが悔しいので次回は必ずや。
クジラ岩、いいねぇ。
隣のスパイヤーでは、スラブにはまって3,4,5Qのスラブ全敗。
でも愛知から来ていた方が撃っていたスパイヤー・ライトは、超気持ちよくリップで止まって会心のゲット。
これはホントに気持ちよかったな。
あとはホワイト・ブロック、タイコ、プーシェなどなど、林の中のボルダーエリアはアプローチも良くて楽しめる岩も多くて面白かった。
奥の水晶スラブ下ボルダーエリアではホワイトティアーズのみだったけれど、これも面白く気持ちよかった♪
ボルダーはいくらでもあるから、やっぱり通いたくなるね。
c0155330_22423383.jpg

c0155330_22393066.jpg

夜は盛大に薪を燃やして、ふっちょが作ってくれる美味しい料理を頂きながら焚き火をいじる。
やっぱキャンプはいい。
炎を見ながら、初めて会う仲間との距離も自然と近くなる。
でも眠くて脱落したので、裸男たちを見られなかったのが残念でもあり、ホッとした部分もあり。
c0155330_2240249.jpg

片腕が無くても果敢にチャレンジを続ける仲間のトライに完全に心打たれたり、サンフランシスコから参戦したScottと片言の会話を楽しんだり、かがやんの強さに刺激されたり、ほかにもたくさんの仲間がいて、みんなから刺激と喜びを頂いたのが最大の収穫。
みんな最高に面白いよ。
そんな仲間の輪に加われた幸せはナニモノにも代えられない。
c0155330_22384437.jpg

小川山ボルダリングトリップ、深く心に残る2日間だった。
[PR]

by something_great | 2013-05-19 22:42 | 岩遊び
2013年 04月 10日

なまっとる

BCXC、自転車通勤、ジョギングときて、(勝手に)リハビリシリーズもついにクライミングへと到達。
とにかく体動かしたいモードなわけ。
いつもの登山部とおかきんさんと一緒に瑞浪で、軽ーくトップロープで遊ぼうなんて思ってたけれど、いきなり初体験のオフウィズスから始まってしまい、TRとはいえパワー全開でやることに。。。
その後もチムニー・スラブとフルパワー。
体も重いけれど、気持ちの弱さもモロに顔を出しやがり、全てにおいて敗北感を味わう始末。
でも自分のクライミング以外は楽しい一日。
やーまの意外な可能性、スラバーmihoのパフォーマンス、おかきんさんのスイッチオン&粘り、taroちゃんの頼もしさ、仲間と一緒にエンジョイできるのは素敵なことだ。
色々思い出すこともあり、思いつくこともあり、やっぱり行動をセーブし続けることは難しいことを実感。
楽しいし、悔しいからね、仕方ない。
c0155330_0101463.jpg
c0155330_0103165.jpg
c0155330_0105218.jpg
c0155330_011429.jpg

[PR]

by something_great | 2013-04-10 00:11 | 岩遊び
2012年 12月 21日

一休さんエリアで見つけた

また間が空いてしまったが、久々の豊田。
大田の駐車場に着いたら、なんとうちらの貸切。コンディションいいのに。。
寅さん岩でmihoが宿題課題に打ち込む隣で、なんとなくできそうな感じがした寅カン/dに4便出してクリア。
久々のdゲットに気分良し!
しかし相変わらず指先の痛いこと。
時々しか来ないから仕方ないけれど、数が撃てないのはちょっと情けないね。
mihoは10数便の乱れ撃ちだったけれど、宿題はお持ち帰りに。

で、隣の「仲立ち岩」に初めて目が留まったのでトライ。
仲立ちb/cは、数回触っただけで終わっちゃったけれど、自分の大好物と見た。
三角スラブのちょっと大きい感じ?
超地味な課題でチョーク跡も無く、でもこういうのが好きなんだな~。
見つけてしまった宿題課題をやりにまた来よう。
[PR]

by something_great | 2012-12-21 20:59 | 岩遊び
2012年 11月 09日

Top Ropeで唸る

今日は丁度タイミング良くKくんにお誘いをもらって瑞浪へ。
Hくんとも合流していつもと違うメンバーでクライミング。
今日は全てTRで遊ばせてもらったので最初はなんか違和感もあったのだけれど、それはそれで厳しい場面で頑張れるということで、リードでは全くイメージできないラインを楽しめた。

アップでいきなり前回惨敗した「原住民」。
c0155330_2056196.jpg

mihoが1テン入れつつも軽快に登っていった後、僕は前回と同じ箇所でまたもや苦戦し、その上でも危うく蝉になりそうなところを1テン入れて無理やり抜けた。。。
最後はやっぱり悪いなぁ、これをRPするのは簡単じゃないぞ、と改めて痛感。

お次は「秀則クラック」。
これはmihoとは逆でお得意系だったので快適に。
c0155330_20564763.jpg

お次は「アストロドーム左」。
Hくんが流石の安定感で魅せてくれる。
このラインは以前トライしたときは怖さもあってできなかった宿題課題。
c0155330_2123326.jpg

前半核心で1テン入れて、すでに腕がパンプ気味だったけれど、後半はなんとか頑張りきれてトップへ。
これは疲れた~。。。

お次は「余裕のよっちゃん」。
バチ効きのジャムが2回ほどあったけれど、他はなんだか微妙な効き具合のままトップへ。
mihoも苦手?なクラックをなんだかんだで登れるようになっている。

最後は「有希子の初恋」。
c0155330_20571859.jpg

Hくんがリードし、Kくんは宿題課題らしく粘り撃ちしている。
僕は安定しないジャムのまま、なんとかテンション入れずに抜けられた。(これは面白かった!)
余裕のよっちゃんで満足して既に終了モードだったmihoもなんとなく取り付き、1テン入ったものの抜群の足さばきで華麗に?登っていった。(これにはちょっと危機感を感じたな)

全てのTRをセットしてくれて回収もパパッと済ませてくれたHくん、
ギアを貸してくれたり色々気遣いをしてくれたKくん、
2人とも同じ業界で働く熱いナイスガイなので、合間合間の会話も面白かった。
またみんなで楽しみたいな~。
[PR]

by something_great | 2012-11-09 21:02 | 岩遊び
2012年 10月 30日

ついに形勢逆転っ

久しぶりの古美山ボルダリング。
前回の大田や大給と違って蜘蛛の巣はほぼゼロで、ボルダラーが訪れていることを感じる。
蚊もまぁそんなに気にならない程度で、いよいよだね。

シーズンは良いのだけれど、古美山の岩って本当に痛い。
最初は「痛い」なんて意識しなければ、などと思ってタカをくくっていたのだけれど、しだいに悲鳴を上げる指先から、体が岩についていけなくなる。
久しぶりに思い出したこの感覚。
まさに豊田。。

で、今日は個人的な「挑戦」はほとんど無し。
どころか、復習するつもりの課題にすらヤラレっぱなしで、だいぶ後退してしまったことを痛感させられる。
○砂かけ婆/b
×鬼太郎/c
×大目玉トラバース/c
○石頭/c ver (?)
×石頭/d ver
○デュエット/b
○トンビ/b
×キツツキ/c
○カンテでゴー/b
○愛を込めて/b
×ゴールドフィンガー/c
×のみパッチン/c
×パンのカンテ/c
○一手/a
書いてるだけで落ち込むな。。
一方ミラクルmihoはついに宿題の砂かけ婆をゲットし、さらにはのみパッチンで初cゲット!
右肩下がりの自分とは気合が違う。
今日は完敗ですわ。
指先の皮はきれいに削られたことだし、次回はもう少しマシなクライミングができるように頑張ろう。
[PR]

by something_great | 2012-10-30 22:42 | 岩遊び
2012年 10月 26日

瑞浪フリー

今日の瑞浪は天気最高だった。
あまりにも良い天気で、日当たりの良い岩では暑くて汗を垂らしながら攀じるほど。
指も若干ヌメってしまい、悔しい思いもした。
でもこんな天気の下で、愉快な仲間と一緒にフリーができるなんて幸せだな。

ロンパールーム/5.9・・・フェイス初リード。2テンでなんとか。オンサイトって言葉の重みを知る。
アイキャッチャー/5.9(TR)・・・どちらかと言えば好きなタイプ。ジャムは適当だったので反省。
原住民/5.10b/c・・・みんなの言うとおり、2ピンの先が・・・粘ってみたけれど解決できず。結構な敗北感。
そしたらmihoが一歩先行した!やられた!
今度はtaroちゃんのやってた秀則コーナーもやってみたい。

リード・オンサイト・RP・・・クライミングの精神性って凄いと思う。
もっと1本1本を集中して大事に登らなければ。
c0155330_2231011.jpg

c0155330_2234491.jpg

c0155330_2235595.jpg

[PR]

by something_great | 2012-10-26 23:03 | 岩遊び
2012年 10月 22日

笠置

秋晴れの下、久しぶりの笠置でボルダリング。

ユズモ岩のユズモ/5級、ユズママ/3級、(ユズパパ/1級は宿題)
アモイ岩のアモイ/2級
きこり岩のきこり/5級、みんなの広場/6級

グレードに?のものもあったけれど、全て初めて触る岩で楽しめた。
課題(ライン)に縛られすぎるのもつまらないと思う部分があり、一方で課題の難易度は自分のスキルの目安になるので無視できないと思う部分もあり。
経験値が増してくれば、そのあたりのモヤモヤが一つにまとまって融解するような気がするな。
ま、当分先のことになりそうだけれど。
そんなことを言ってる前に、「カチ」課題ばかり触るのをいい加減卒業しないと。

日が暮れて、Yoちゃんのお姉さん夫婦が営むパン屋さんにお邪魔した。
森の中に佇む雰囲気のあるカフェ併設のパン屋さん。
素敵なご家族に迎えていただき、幸せな気分。
来月の笠置ボルダリング・フェスティバルにも出店されるとのことなので、再会が楽しみだ。
[PR]

by something_great | 2012-10-22 22:15 | 岩遊び
2012年 10月 11日

Season-in

前の週にビギナーズセッションで久しぶりに訪れた豊田。
今日も大給へ向かった。

蚊も、くもの巣も多いこの時期は、まだ豊田の季節では無いのだろうけれど、やっぱり近いのがなにより。
朝晩もだいぶ涼しくなってきたので、もうシーズンインしちゃってOKでしょう。
紅葉のグラデーションも綺麗だったし。

前回来た時に、「何もできない身体」になってしまっているのは分かったので、しばらくは岩場で身体を動かして少しずつでもボルダリング仕様に近づけていくつもり。
今日も「ヤットコ」でいきなり洗礼を浴び、「パンタグラフ」からは門前払いを喰らい、「ハイヒール」でも動きの固さを痛感しつつ、「ティータイム」では可能性を見出すこともでき、やっぱり触った分だけ馴染むものだなぁと実感。
またちょくちょく来るべ。
c0155330_2293514.jpg

c0155330_2295331.jpg

豊田を後にし、「あぶさんと」と「ケンケン」もしっかり触ってきて今日の課題はクリア。
[PR]

by something_great | 2012-10-11 22:13 | 岩遊び
2012年 09月 21日

クラック修行

今日はtaroちゃんにお願いしてフリークライミング。
瑞浪は結構久しぶりかな。
でもトライするのは今までとは違ってクラックオンリー!
今日は色々学べそう。
c0155330_227131.jpg

まずは「新人クラック」
新人の登竜門らしいが・・・すみません、完全に舐めてました。。。
TRで何度も跳ね返され、テンションかけまくった挙句に力任せに登ったった。
いやー、クラック難しいっス。
汗かきまくった。
c0155330_22102724.jpg

お次は「ハッピークラック」
ハッピーになれるかと思いきや・・・やっぱり甘くない。
これもTRでテンションかけて登ったった。。
なんか悔しいなあ。
taroちゃんはOSできずに悔しがってたし、mihoも核心到達できずに悔しがってる。

でも今日は色々レッスンを受け、ひじょーにお勉強になった。
taroちゃん、ありがとう。
もっと夫婦で精進して、まずはリードできるように頑張りますわ。
c0155330_22135447.jpg

[PR]

by something_great | 2012-09-21 22:14 | 岩遊び
2012年 09月 18日

MIZUGAKI

USAから世界のTOP ALPINE CLIMBERの1人、Steve House氏が来日。
横山Jumboさんも加わって、クライマー同士の交流を図るSession&Talkイベントが開催された。
とりあえずノリで参加を決めて、あとは流れに身を委ねた2日間は、自分としてはFunな部分とピリッと考えさせられる部分とがあって、ミーハーな喜びとは別のものもしっかり身体に残った2日間となった。
c0155330_22354454.jpg

初日の日中は参加者全員がそれぞれボルダリングやフリー、マルチと別れてフリーセッション。
ミズガキのボルダリングエリアは気持ちよく広がっていて、恐ろしいほどの数の課題があるらしい。
和気藹々とした雰囲気の中、自分は「あかね雲/3級」ができずに早々に宿題持ち帰り。。

雨でセッションがなんとなく終わり、でもまた止んだのでフリーをやりに不動沢へ。
Steveはやっぱりギアを触ると楽しそうな表情をする。

c0155330_2242266.jpg

夜はビール片手にスライドショーに聞き入ったり、参加者と歓談したり。
そのままテントにもぐりこんだのだけれど、原因不明の足首の激痛によってほとんど眠れず。。。
翌日のフリーもほとんど登れずにビレイヤーの役割だけ全う。

クライミングが益々楽しくなってきていることに(少々危険に感じながらも)改めて気づいた2日間。
この場に居た他のみんなのように尖がった意識を持ったクライマーにはなれないけれど、自分は自分なりに山との関係を維持し、深めていきたいと思った。
目標を持つことでそのための努力、過程があり、そこに注ぐ情熱がスタイルを作るのかな~。
なんか色々と考えることが増えたような気がするけれど、それも収穫だな。
[PR]

by something_great | 2012-09-18 22:53 | 岩遊び