<   2010年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2010年 06月 28日

日本の川

「日本の名河川を歩く (天野礼子著:講談社+α新書)」

随分前に手に入れたまま放置してしまっていた本だけど、先日のシンポジウム参加の影響もあって読んでみた。
初版が2003年だから、その頃から今に至る中でまた川の表情は変わっているんだろうな。

「釣り人が選ぶ天然アユがのぼる100河川」というのが元になっていて、加えて著者の「これが川の国らしい川だ」という評価をした河川が次々に登場する。
ダムは無いほうが景観的にも生態的にも良いし、アユが天然遡上できているってことは川が生きていると思えるし、川漁師さんや川ガキが健在であれば嬉しくなる、そんな基準。

僕は釣りをしないから、釣り人目線では川の評価ができないけれど、ラフティングばかりやっていた学生の頃は、激流下り目線で行きたい川がたくさんあった。
利根川・荒川・長良川がよく通ったベスト3だったけれど、四国吉野川・保津川も面白い川だったし、安家川なんかはなかなか行けない場所だっただけに憧れを持っていた。
ラフティングじゃなくてカヌーツーリングだったら、結局行ってないけど釧路川・十勝川・歴舟川など北海道の川はやっぱり憧れたし、宮川・古座川・日置川など紀伊の川にも魅力を感じる。
卒業して山形に行き、リバーガイドをしていたときは梵字川・最上川で遊んでいたので、今思うとそれなりに日本の色々な川に行き、水と戯れていた時間は多いほうだと思う。
ただ、僕の目線の先にはアマゴやイワナやアユなどの川の中の生き物は見えていなかった。
そのことが今思うと少し残念。

日本の川は瀬と淵が交互にあり、多様な生き物が住み、それを獲って食べる文化がある。
水の流れの中に遊び、食を得て、自然と生態系を知る。
子供のころ、僕の住んでいたところにある川は既にヘドロが溜まって泳げるような流れでは無かった。
子供のころ、歩いていける場所に泳いだり飛び込んだり魚を追ったりできる川があったなら。
30,000本の川があると言われる日本だけど、魚も人も育つ川は今どれくらいあるのだろう。
なんだかもったいないと思えてしかたない。

今も残る、川らしい川を求める旅も面白そう。
漕いだり潜ったり、身体が冷えたら焚き火を熾して、それだけできたらサイコーな気分。
問題は他にもやりたいことがいっぱいあるってことか。
[PR]

by something_great | 2010-06-28 23:18 | 読書
2010年 06月 25日

Larry Carltonさん

元々興味があったわけではなく、意識して聴いたことすら無かった御大。
お名前だけは知っていましたが、ひょんなことからライブに行くことになりました。
場所はBLUE NOTE。密かに憧れの場所です。
大人な雰囲気に憧れる子供の心境?ですかね。
ステージと席との距離が近く、表情や動きを存分に堪能しながら楽しめるところがGoodです。

それにしても、Larryおじさん(失礼!)は格好良かった。
気持ち良さそ~に、楽しそ~に、演奏していました。
30年以上トップレベルで続けている、だからこその余裕が感じられます。
グラミー3回受賞の価値はよく分かりませんが、初めて聴いてもプレイの素晴らしさが伝わってきます。
ジャズ・フュージョン?もほとんど初体験でしたが、生の迫力もあって素直に良かったです。
伝えたいことは全てギターで伝えてる感じ?
ちょっと感動モノでした。

ホンモノはスバラシイ。
当たり前のことですが、またまた心底感じさせられました。
[PR]

by something_great | 2010-06-25 22:07 | 日記
2010年 06月 21日

ナニカがホシクテ

トーキョーで旧友と再会の機会。
集まりに来られなかった人もいたけれど、離れた場所でそれぞれの道を進んでいることを確認し、一緒にいたときの時間に戻って笑いあい、楽しいひと時でした。

また、別の遊び友達とも久しぶりに会え、近況を報告しあい、これからのことを親父目線で意見交換し、これまた楽しいひと時でした。

翌日はサキタマの、ずっと行きたかったスノーボードプロショップへ。
期待通りのホンモノがここにも居ます。
新たな刺激とイメージと、その他モロモロ頂いてきちゃいました。

Tちゃん、お疲れのところいつもありがとね。
[PR]

by something_great | 2010-06-21 23:17 | 日記
2010年 06月 18日

ALOHA

前日の余韻に浸ったまま、翌日が休みなら当然海でしょう。
コンディションはあまり良くなさそうですが、いつもよりも多めのポイントチェックの末、今日はMRにしました。
何気に初めて入るポイントですし、ゆっくり自分のペースでやりたかったので、メインピークから離れた誰も居ないところで入水。
Mさんはいきなりぽんぽんとレフト~、ライト~と滑っていき楽しそう。
自分はいつもどおり時間はかかったものの、30分ほどしたら波に慣れて一安心。
2人でのんびり楽しみました。
満潮前後の時間帯で最後はショアブレイクばかりになってしまったため、そこで終了。

波待ちしながらつい「Alo~ha」と口にしてしまいます。
他に誰も居ないからかまわないんですが、不思議なものでその言葉を出すと気持ちが楽になります。
身体の力も抜けるし、気持ちの強張りも緩みます。
まぁ、明らかにヤラレちゃってるだけなんですけどね(笑)。
でもそれで良いと思います。
おまじないみたいなものですが、効果は絶大ですから。
[PR]

by something_great | 2010-06-18 20:16 | 波乗り
2010年 06月 18日

Gerry Lopez

うまく言葉にできませんが、素晴らしい方でした。
Aloha spiritはまだ正しく理解できていないと思いますが、Love&Peaceっていうのは、きっとこういうことなんだろうと思います。

そして、続けることの尊さ。
「Keep paddling」
Gerryさんの姿から、この言葉の重みと深さが、静かに奥深くまで入ってきました。
いつまでも覚えておきます。

もう一度、家にある本を読み返し、ガイアシンフォニーのDVDを観て、Alohaの精神を考えてみようと思います。
[PR]

by something_great | 2010-06-18 20:00 | 日記
2010年 06月 10日

たまる宿題

ライバル攻略を胸に古美山へ。
スタートは1人で、ライバル(チョンボ/b)を相手にウォーミングアップ。
登れるときはこんなものですかね。
ごくあっさりと攻略してしまい、とりあえず3回登って確信を得て卒業です。

次のパンのカンテ/cでHOK君と合流。
以降、cの課題を3つ、全て宿題。。。
最後に裏ドラ/d、当然宿題。。。
お持ち帰りが増えています。

奥のエリアは風が抜けにくいからか、モノスゴイ量の蚊に囲まれました。
手前のエリアはそんなことは無いので、今行くならこちらですね。
暑さもそれほどではなく、マットの上に寝そべったりしながら、気持ちよい空気を味わいました。
[PR]

by something_great | 2010-06-10 09:03 | 岩遊び
2010年 06月 07日

ヒザで幸せ

しばらくぶりに海。
中でも久しぶりのSポイントで入水。
無風・面ツル・サイズ膝。
サーファー少なし。
ビギナーや、自分のようなリハビリが必要な人間にとってはこの上なく最適なコンディション。

岸から見た限りでは、やれてテイクオフのみかと思っていたけれど、テイクオフ後に立ち上がらずにいれば結構滑れることが分かり、長めの1ラウンドをたっぷり乗りまくった。
恐らく1ラウンドで乗った回数では過去最高。

波・混雑度・面子などなど色々な条件がマッチし、小波でも十分遊べて楽しめた1日。
[PR]

by something_great | 2010-06-07 22:45 | 波乗り
2010年 06月 06日

後退・・・

約3週間も間が空いてしまった。。。
ようやくマイマットも手に入れて、初下ろしの日。
心配していた蚊の襲撃も、心地よい風が流れていたこともあって大して気にならず。

が、自分の身体が全くダメ。
保持力が落ち、身体は重く、イメージ通りにまったく動けずじまい。。。
以前登った課題もことごとく跳ね返されてがっくり。
やはり継続的に岩を触らなければならないということか。
c0155330_22124544.jpg

気分を変えて後半は駐車場でスラックライン。
ちょっと木と木の間が離れていたせいかやたらと不安定なテープにてこずりながらも、笑いの絶えない楽しい時間。
10mクリアはいまだ達成できずも、こちらは気楽に楽しめる点が心地よいね。
[PR]

by something_great | 2010-06-06 21:16 | 岩遊び
2010年 06月 05日

Heather Brown

数年前ハワイで立ち寄ったサーフショップに、手ごろなお土産的な雰囲気でこの人の絵が数種類置いてありました。
ちょっといいな、という感じで数枚お土産に持ち帰ったものの作者の名前すら忘れていたら、去年あたりから雑誌なんかで良く目にするようになって改めて知るようになりました。
c0155330_19212390.jpg

我が家では絵の力が活かされていないような気もするけれど、良いアクセントになっています。
[PR]

by something_great | 2010-06-05 19:25 | アート
2010年 06月 05日

豊かな川から豊かな海へ

市民による「豊かな海づくり大会」に参加するため岐阜に行ってきました。
会場の長良川国際会議場には、満席のため予備の席を用意するほどの来場がありました。

講演「長良川の魚たちは今?」
●長良川河口堰の影響の一つとして、感潮域の減少がヨシ原の減少につながり、それに伴う水質浄化作用の低下。
●鮎偏重の考えによる活動の危険性。
→これは面白い内容でした。
鮎だけを取り上げても水質や魚道の判断はできず、むしろ都市河川の庄内川のほうが放流による影響が現れず自然河川と言える部分もある。
鮎も岐阜県内に生息している80種の1つに過ぎないということ。

講演「河口堰と長良川」
●ヘドロの経年的堆積の現実。
●ヨシ原の造成は結局セイタカアワダチソウの原っぱを作っただけ。

シンポジウム「豊かな川から豊かな海へ」
パネラーは上流域で林業に携わる方、上流域で生まれ育った釣り師、鵜飼、川魚佃煮屋の若旦那、などなど。
郡上の方の話は面白かったのでもう少しお話を聞きたかったですね。
子供の頃の話、環境の変化に気づいてからの行動(田んぼをビオトープに・山の手入れ・林道の水抜き)など、リアリティのある内容が興味深かったです。
c0155330_191854.jpg

一部だけを取り上げて考えるよりも、全体のつながりを視野に入れて考えてみる。
今だけを切り取って考えるよりも、100年先のことをイメージして考えてみる。
そういった感覚を持って、現状を知り、今できることを考えて実行していこうと思います。
[PR]

by something_great | 2010-06-05 19:04 | 日記