「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2010年 11月 29日

プッシュ合戦

c0155330_21533722.jpg

歌石駐車場の紅葉ももう終わり間近。
今日は天気も良いし気持ちよいボルダリング日和だ。

taroちゃんと2人、とりあえずのウォーミングアップで北の蛙/bを初ゲット。
なんかいきなり嬉しいスタート♪
続いて前回ちょっと心残りだったうなぎの寝床/cを一撃。
ちょっとあっけなかったけれど、今年の宿題の一つををキレイに片付けた。
三角スラブ/bは2人してかなり粘ったけれど、再登ならず。
あとちょっとなんだけどな~。。。
で、分裂岩・バックトゥザフューチャーⅡのカンテ無し/dに悪戦苦闘して投げ出しつつあったところで、ハナエモンとハジメマシテのモッチくんと合流。
ここで猿/cをゲット!
後半怖いけれど、怖さと面白さが味わえる好課題。
バックトゥザフューチャーⅡ/bを再登したあと、デルタ/dに挑戦。
c0155330_2251834.jpg

4人で順番に回しながら、ジリジリとルートを延ばす。
あとちょっと、イケると思ってからがまた悪い。
流石dグレード、簡単に落ちてくれないなぁ。
デルタで相当頑張って、4人ともヨレて終了~。
俺の指皮は再びごっそり剥がれてまった・・・けど、熱いセッションだったし良いっか。
また素敵な宿題ができてしまったな。
[PR]

by something_great | 2010-11-29 22:09 | 岩遊び
2010年 11月 26日

読み終えたくなかったな~

岳人備忘録 登山界47人の「山」 と題した本がある。
こいつがメチャメチャ面白く、熱くたぎらせられ、深く考えさせられ、とにかく夢中になって貪り読んでしまった。
で、今日とうとう最後の1Pを読み終えてしまい、ちょっと残念というか、続きが読めないことが寂しい気持ちになってしまっている。

1996年にビヨンドリスクという本が出てそれがまたかなりの傑作なのだけれど、岳人備忘録も同じように岳人のインタビュー集というかたち。
登場する岳人の方々・面子が素晴らしく、それぞれの立場やスタイルなんかで意見が違っていたり、熱く尖がっている人の一方で穏やかに優しく山を愛する人もいて、イロイロな種類の山好きの言葉が集められていて偏っていないところも好き。

登山という輪の中にはイロイロな楽しみかたがあって、自主的に山に向かう気持ちさえ持っていれば、それぞれ素敵な山との関わり方がきっとあるのだろうな。

とりあえず、もう一回読もう。
[PR]

by something_great | 2010-11-26 23:00 | 読書
2010年 11月 24日

あ~ 帰りたくないねぇ

先月頭に行って以来なかなか行けずにちょっと間が空いてしまったけれど、開店してからようやく珈琲せんじゅにお邪魔しに行くことができた。
プレオープンの時には無かった重厚な扉をするっと開けると、お店は暖炉の熱でぽかぽか。
emimiさん、mitsuさんはそれぞれすっかり珈琲店主とパン職人のお姿に(当たり前か)。
「いやー、お懐かしゅうございます~(笑)」
emimiさんの珈琲、ホントに美味しいっス。
普段はストレートしかほとんど飲まないけれど、ここのブレンドはパウダーもグラッシーもストロングもそれぞれに味わいがあり、どれにしてもハズレなし。
そのときの気分にマッチすると思う名前で選んでも良いなぁ。
で、mitsuさんもしっかり働いております(笑)
焼きあがったパンの表情を見て、まだ納得しきっていないご様子。
職人の目は厳しいのです。
焼きあがり、並べられたカンパーニュは見ているだけでも幸せになれる可愛い子たちなんだなぁ。
c0155330_23521460.jpg

・・・いや、今回は味見がメインじゃなく、お手伝いをしに来たんだった。
雨っぽい予報だったから安心して遅くまで寝ていたら、運良く雨は止んでいたので朝食後に外へ。
外にはぶっとい丸太がゴロゴロ転がっているので、こいつを少しでもやっつけるべくmitsuさんはチェーンソーを片手に丸太の山に向かい、自分は斧じゃなくて薪割り機を前に、mitsuさんがぶった切った丸太を手頃なサイズに割って積み上げていく担当。
c0155330_23524972.jpg

一言に丸太と言っても、乾き具合や腐り具合で割れ方もイロイロ。
パカンと気持ちよく割れてくれるのは極稀で、ほとんどは割れないか割れにくいか。
あれこれ考えずに途中からマシーン化して、目の前の丸太が減っていくのを心の励みに黙々と作業。
c0155330_23531383.jpg

最終的に腰がヤバイことになりつつあったので、ギブアップ宣言。
機械でやっても楽じゃないのに、これを斧でやるってどんだけ・・・。
c0155330_23532930.jpg

今週やってくるらしい開田のセミプロの仕事を見てみたいなぁ。

日が暮れて、ずっと気になっていた焼肉深山&温泉で疲れを癒していたら完全に「帰りたくない病」に罹ってしまったけれど、サラリーマンは現実にもどらねばならない。
また来月!と強がって、今回は白馬を後にした。
[PR]

by something_great | 2010-11-24 23:58 | 日記
2010年 11月 21日

てごたえ

午前中はおかきんさんと、午後はRock氏とボルダリング。

この日の成果
寅さん岩・マドンナ/b、おじちゃん/b
もたれ岩・三角スラブ/b
ハーフドームロック・ハーフドーム/b
うなぎロック・うなぎの寝床/c
思い出岩・サイエンスⅡ/b、あんちょび/b
かさぶた岩・ムーンリバー/a
お、bは100%だ。
ちょっと調子づく。
特に三角スラブ、しつこく通ってついに攻略!
興奮して叫んでたら、知らないボルダラーにまで祝福の声をかけていただいた。。。
誰も登ってるのを見たことない岩を、自分で一生懸命弱点を探してモノにする楽しさは格別だね。
うなぎの寝床は一応クリアしたっぽいけれど、わずかに足が地面をかすっちゃったから次回やり直し。
あとは宿題になったかさぶた岩のクレーター/cと、攻略のイメージが湧かない思い出岩のサイエンス/dにも果敢に挑戦してきた。
c0155330_95556.jpg

うなぎの寝床から空を見る。。。
c0155330_953316.jpg

サイエンスⅡのRock氏
c0155330_954587.jpg

「かさぶた岩」高さがあって怖い、でも美しいスラブ。

翌日なぜか尻周りが筋肉痛に。
なぜだろう?
[PR]

by something_great | 2010-11-21 09:07 | 岩遊び
2010年 11月 17日

京都に行こう③

「京都散策」
今まで京都を散策ってことを、実はしていなかった気がする。
点と点を効率良く繋げていく動き方ばかりだったなぁ。
今回ももちろん目的地はいくつかあったけれど、その間の動き方による面白さを少しだけ気づくことができたかな。

狭い路地を適当にぶらついていたら・・・
家の門にひとつひとつ個性がある。
仲間で借りたら面白そうじゃない?という家がある。
白壁を攀じるカマキリに出会う。
なんだかちびっこく面白いことを見つけていく。
京都だからか?

で、訪れた幾つかの場所。
●京の生菓子 出町 ふたば
豆餅は絶品。
●銀閣寺
人の流れに飲み込まれないように、自分の好きな空間を切り取る。
●太陽カフェ
朝からとにかく珈琲が飲みたかった。
●ガケ書房
たまたま見つけてしまった。
沈没必至。
●下鴨神社
森と苔に浸りたかったのだが。。。
●かもがわカフェ
京都の主ご推薦。
居心地良く長居してしまう。
トリバザール
京都の主の奥様ご推薦。
こじんまりと、僕らのツボの道具がいっぱい。
●タイキッチンパクチー
車窓から見て一度は通り過ぎるも、空腹のため舞い戻る。
活気があって癖のないタイ飯屋。

盛りだくさんに見えて、実はそうでもない。
余韻に浸りながら夕食をとり、帰りたくないな~と。
漏れ出た自分の感想にちょっとびっくり。
ということでまた来ること決定。
今回のきっかけを作ってくれたTomot氏にはマジ感謝。
次回は北国で集合だね。
[PR]

by something_great | 2010-11-17 22:57 | 日記
2010年 11月 16日

京都に行こう②

c0155330_21504538.jpg

c0155330_21512174.jpg
c0155330_21514124.jpg
c0155330_21515944.jpg
c0155330_2153896.jpg
c0155330_21532752.jpg
c0155330_21533937.jpg

京都の秋。
銀閣寺と下鴨神社。
観光客は100万人でも、惑わされずに感性を解放してみたい。
澄んだ空気の中に見えてくるものがある。
[PR]

by something_great | 2010-11-16 21:58 | 日記
2010年 11月 15日

京都に行こう①

ソウルメイトの個展が京都のエポケカフェにて開催中(10/11~11/28)。
東京在住の作家夫妻がこの週末会場に行くよ~と。
そんなお誘いに乗って古都に向かうことにした。

土曜の仕事を終えてそのまま車を走らせ、エポケカフェに着いたのは日が変わるちょっと前。
半地下のカフェの片隅で久しぶりの再会を喜び、しばし歓談。
カフェの白壁に彼の絵が飾られている。
"BOHEMIANS SKY"
彼の描く絵の色が好きだ。
漂ってくる旅の気配が好きだ。
なんとなく旅に出ようかな~と思わせる雰囲気が好きだ。
今回並んだ作品も、いつものように僕の心をくすぐった。
でも買えなくてごめんよ(笑)。

深夜、閉店間際のカフェを出て、今宵の宿はゲストハウス「KAZARIYA」。
大通りに面していながら、古びた佇まいを残した町家の一室に荷を解いた。
ここがまた実に味わい深い空間で、たった一晩眠るだけしか過ごせないのはもったいないところ。
翌朝目覚めてから近所の銭湯につかり、部屋に戻ってテラスでジャスミン茶。
のんびりしてたらモーニングの時間を過ぎてしまい、チェックアウトの時間になってしまった。
ここにはいつかまた戻ってきてテラスでくっちゃべることを誓う。
c0155330_2354972.jpg

<②に続く>
[PR]

by something_great | 2010-11-15 23:06 | 日記
2010年 11月 11日

マタギ列伝

今年の秋は里に下りてきた熊による騒動が多く取り上げられていた気がする。
そんなニュースの中で、猟師(猟友会)の減少を取り上げていたものがあった。
猟友会会員の高齢化、会員数の減少、害獣駆除の依頼に応えきれない現状を扱っていたようだ。
そんなニュースを見ながら、マタギって今も存在してるのかな~と考えていた。

東北地方・奥羽山脈の山中で生活する職業猟師の存在を知るきっかけが、小学生くらいの時に読んだ矢口高雄の「マタギ列伝」。
名作「釣りキチ三平」の著者のもう一つの名作だろう(と、勝手に思ってる)。
c0155330_2295437.jpg

実家には多分まだボロボロになった大判の漫画があるはずだが、この間立ち寄った古本屋で文庫版を発見!
1人で興奮して即購入してしまった。

豊かな自然あっての共存繁栄。
その豊かな自然の描写が上手い。
熊は出遭いたくないけれど、もっと森の中で感性豊かな時間を過ごしたくなる。
今度からは岩に行くときも小さな図鑑を持っていこうかな。
[PR]

by something_great | 2010-11-11 22:20 | 読書
2010年 11月 10日

Try Again

おかきんさんとtaroちゃんと3人で豊田へ。

サザエさん岩と小岩でアップをし、分裂岩でヒートアップ。
バック・トゥ・ザ・フューチャーのⅠとⅡ(カンテあり)、これをやっちゃったら次はやっぱりⅡ(カンテ無し)?
ってことでカッチカチの課題に集中してたら、大事に育てた人差し指の皮がごっそり結晶に喰われた・・・。
敢え無くカンテ無しVerは宿題。

もたれ岩の三角スラブ、bのくせにやたらとムズイ。
しかも超~地味。
以前絶対落とす宣言をしたけれど、今日も返り討ち。

ハーフドームロックに戻って、ついに北壁/c再登!
しつこく触った甲斐があった~。
ここでおかきんさん時間切れ。

taroちゃんと古美山に移動してWヘッダー2戦目へ。
5月以来で裏ドラ挑戦。
ここ最近しつこく岩に触り続けて、指も肩もだいぶ良い感じ。
クライミングの動きに筋肉が慣れてきたような・・・。
やるなら今日だ。
で、何度目かの挑戦の後、ついに裏ドラ/dゲット!
サイコーだ~。
c0155330_19455469.jpg

指皮復活にはしばらくかかりそうだけど、今日の勢いはそんなことを上回ったな。
[PR]

by something_great | 2010-11-10 19:46 | 岩遊び
2010年 11月 07日

bigginers session

8人の大所帯で豊田へ。
初めて外岩に触る人も3人いたので、大田のハーフドーム周辺でビギナーズセッション。
c0155330_20201527.jpg

初めてのボルダリングでも、熱さ十分。
教えあい、刺激しあいながら、少しずつ確実に進歩し続け、初めてクリアしたときの嬉しそうな顔。
できなかったことが繰り返しトライすることでできるようになるのがボルダリングの面白さ。
かなり熱い時間が流れ、自分もそれに触発されてハーフドーム再登し、いつもどおり流血戦になって敗退したものの北壁にも手応えを掴んだ。
場所を変えてさらにセッションは続き、最後は3人でファーストアセントを目指して新ルート開拓に励む。
結局クリアならずも、かなり熱いセッションとなった。
この無名のルートはいつかモノにすると決意し、岩場を後にした。
駐車場に戻ってスラックラインやスケートボードで遊んでこの日はお開き。
大勢で1日ワイワイ遊べて楽しかったな~。

・・・でも怪我には要注意。
不意落ちのリスクは常に頭に置いておかなければ。反省。
[PR]

by something_great | 2010-11-07 20:33 | 岩遊び