my style is...

nibaru.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2011年 11月 11日

残念ながら・・・

今シーズンの「魔法のチケット」は当たらなかった~。
残念だけど、去年はこれで迷いなく信州方面を楽しませていただいたので、今年は各地に満遍なく行こうかなという気になった。
そんなことより、今年は雪が遅いってことが気になるな~。。。

例年通り今時期は妄想を膨らませる時期。
これは来年発売予定らしいが、昨シーズンの白馬での撮影も含まれていて気になる。
Jeremy Jonesの「Further」


早く滑りたいなぁ。
[PR]

by something_great | 2011-11-11 22:57 | snowbording
2011年 11月 08日

ザイルとともに

前々から誘われていたけれど、曖昧に先送りにしていたフリークライミング。
ついに今日、鈴鹿の椿岩で9年ぶりくらいにハーネスを着けてザイルの確保をしてもらいながら、トップロープで遊ばせてもらった。
c0155330_22524334.jpg

いつも触る岩とは違う岩質で、高度感を味わいながらのクライミングは新鮮だった。
そして実はクライミングそのものよりも、ザイルワークとかビレイとかの初歩的な動作を教えてもらったことのほうが楽しかったような気もする。
リードは正直厳しいけれど、TRを楽しむには良い練習になった。
c0155330_225855.jpg

そして学んだこと。
フリークライミング(TR)とボルダリングとの違いは距離と高度。
ラインが長いから疲労を溜めないことが重要。
だから途中であれこれホールドを探るのは最小限にして、素早い判断が必要。
ん?
これってツリーランと似ている??
目の前に展開される地形を視界に入れたら瞬時にラインを判断していくのと似てるのかも!
c0155330_23122079.jpg

ということで、久しぶりのフリーを無事に楽しむことができました。
みなさん、ありがとうございました!
[PR]

by something_great | 2011-11-08 23:13 | 岩遊び
2011年 11月 05日

ヤマケイ文庫

最近はもっぱらインドアな生活を送っている。
そんな中で読んだ2冊。

「新編 風雪のビヴァーク」 
第二次大戦前後の時代背景の中、北ア・谷川・八ヶ岳・南アなどを登りまくった男の記録。
今とは全く比較にならない装備で、志高く先鋭的な登山を続けた意識の高さと実行する体力・技術が凄い。
有名な最後の章は何度読み返しても胸に突き刺さる。
「フーセツ 全身硬ッテ力ナシ...」
先人に倣ってというわけではいけれど、北鎌尾根に行きたくなった。

「残された山靴」
植村直己・長谷川恒男・加藤保男・小西正継・森田勝・・・鈴木紀夫。
登山家8人の最期を描いたレクイエム。
山男には惚れるなよ、という言葉が静かに浮かんだ。

どちらもヤマケイ文庫の第一期刊行。

読書はしつつも自分の中ではもう登山シーズンは終了し、雪のシーズンに目を向け始めた今日この頃。
布団に入る前にDVDを漁る日が続いている。
「Signatures」「Persona」「ゆきめぐり」・・・今夜は何を見ようかな。

[PR]

by something_great | 2011-11-05 21:22 | 読書