my style is...

nibaru.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 26日

本当にラスト?

またまた岐阜の広範囲に大雪が降った。
ハナエモンのシール歩行練習をどこでやろうか悩んでいたんだけれど、雪が降ったならゲレンデでパウダー食べようということで高鷲へ。
前日から40cm以上の積雪で、土曜日(合同試乗会)のコンディションとはまったく別の、1ヶ月前に戻ったかのようなゲレンデには、春休みならではの子供・学生・以外にも、フリークが集まってきていた。
コースでも膝下くらいの深さで、思いのほか軽い粉雪を堪能した後、少しだけBCへ。
c0155330_22452411.jpg

先行パーティは一組だけで、トレースを外れると腿ラッセル。
大雪の後でコンディションが不安だったので、前大日まで上がってから尾根を辿って下山。
最後の登り返しはほんの少しの距離だったけれど、今シーズン初ラッセルでもがいた。

黒姫でも当たったけれど、今度こそラストパウなのか、それとも。。。
シーズンはまだ続く。
[PR]

by something_great | 2012-03-26 22:50 | snowbording
2012年 03月 23日

魅惑の黒姫

毎年通う戸隠のお隣にある黒姫山は、近さが仇となってなかなかご縁がなかった場所。
その黒姫の麓にベースを持つ友人にお願いして、初黒姫BCを2日間楽しませていただいた。

黒姫の話を聞いたり、地形図を見たりすると、かなりのポテンシャルを感じさせられる。
今回のルートはだいたいハイク2~3時間で行けるラインだったけれど、ラインは無数にありそう。
複雑な細かい地形を読み取って落としていくのはかなり難しそうではあった。
標高差・距離は十分だし、今回は3月中旬とは思えない雪にも恵まれて、ハイシーズンはかなり楽しめそうな感じ。
一度暖かくなった後に結構積もったこともあり、今回は沢地形にはほとんど入らずに尾根上にラインを取ったのだけれど、適度な感覚のブナ林を滑るのはそれだけで最高。
もっともっとここの山を滑ってみたくなった。

改めてこの土地の魅力にヤラレ気味になってしまったことは言うまでもない・・・。
c0155330_11143191.jpg
c0155330_11145159.jpg
c0155330_111573.jpg

[PR]

by something_great | 2012-03-23 11:21 | snowbording
2012年 03月 18日

きっかけの一つに

「今こそ、エネルギーシフト」 飯田哲也・鎌仲ひとみ 共著 岩波ブックレット

3.11以降次々と問題が明るみに出て、今なお状況は厳しいまま、未来に向けて振舞いを変えることもできずにいる原発問題。
政治がまったく当てにならない国の住人として、未来に向けてできることを自分なりに見つけてやっていこうとは思っているものの、さてどうしよう?なにができる?
ちょこっと調べてみるだけで、同じような気持ちを持って動いている人がたくさんいることを知る。
諦めるのはまだ先にして、できそうなことをやってみることが、自分自身や家族に背を向けずに生きることじゃないか。

エネルギーについては見直すことがたくさんある。
自分にできないことも多いけれども、すぐにできることもいっぱいある。
自分の家の消費電力を知ることもひとつ。
自分の生活を振り返ってみて、契約しているアンペアが大きかったらそこを下げれば月々の基本料金も下げられる。アンペアダウン
節約できた分を、自然エネルギーの価値に払う選択だってある。
個人向けのグリーン電力証書
そもそも今よりも少しだけシンプルな生活を意識するだけで、別に我慢しなくても楽しい生活は送れるし、工夫することの楽しみは増していく。
我慢とか節約は頑張らなくちゃいけないけど、そうではなくて、楽しいことを考えて実践するほうが気持ちいいし、自分からイロイロ求めて広げられるような気がする。

そんなことを考えるきっかけのひとつとして、この本は薄くてさらっと読めるのでお薦め。
[PR]

by something_great | 2012-03-18 22:03 | 読書
2012年 03月 13日

GIFT

レイヤリングを1枚減らして、グローブをフィンガーレスに変え、ぼちぼちランニングでも始めようか、というのが春の気配を感じたときに考えること。
でもその陽気はなかなか安定しないことを毎年忘れている。
一気に寒気が入り、中部日本でも広い範囲で結構な積雪となった。
3月も半ばのこのタイミングに、低気圧からのプレゼント。

昨日は高鷲。
センターハウスで神戸チームとばったり顔を合わせるサプライズ。
初心者3人がヤル気満々で板を持っている。
でも僕らはパウダーを優先させてもらい、しばらくはダイナ~高鷲の新雪を貪る。
できるだけ上品に各コースを頂いた後、神戸チームに合流して15時頃まで。
完全にボロボロになってるチェリーボーイズの、それでも見せつけるガッツには感服。
負けてられんよね。。

大雪の九頭竜では大型トラックが脱輪してたり、相変わらずリスキーな道を勝山まで移動。
珍しく夕べはホテル泊。
そういえば昨年のこの時期もトマムでホテルだった。

今日はお初となるジャム勝山。
初めての場所はルーティーンがわからないけれど、普段以上にドキドキ感が味わえる。
軽い新雪はコース脇で20cmくらいか。
なんか勝手にチャライイメージを持っていたゲレンデだけど、深いポテンシャルを感じさせてくれた。
移動や繋ぎにフラットなコースが多かったり、リフトレイアウトがイマイチだったりと残念な部分もあるけれど、今日はそれ以上にアチコチに楽しみが溢れていた。
やっぱり侮れないなあ。
そして地方のゲレンデはこんな貴重な日でも競争率が低いね。。。

帰路では寄り道して竜王へ。
A&Fでサムスプリントをゲットして嬉しい自分へのGIFT。使いたくはないけれど。
定価7万近くするソーラー発電機が2万を切っていてかなり悩んだけど、手が出せなかった・・・。
迂闊に手を出してうまく使えなかったらもったいないし、でも迷ったな。
[PR]

by something_great | 2012-03-13 22:33 | snowbording