my style is...

nibaru.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 07月 27日

言葉も無い

この連休の山旅では立山~剣岳を行き先にチョイス。
mihoは初めて、自分は立山は約15年、剣は20年以上ぶりとかなり久々の山旅になった。

立山三山とは、勝手に雄山・大汝山・富士ノ折立だと思い込んでいたのだけれど、浄土山・雄山・別山というのがいわゆる三山らしく、社もその3つの頂に祀られている(浄土山の御社は崩れ落ちていた)。
今回は室堂からまず浄土山に上がり、雄山から真砂岳、別山を経て剣沢で一泊、翌日剣岳を往復してテントを撤収し、雷鳥沢へ移動して一泊、3日目はみくりが池温泉に入って下山とした。

1日目は終日曇りがちで稜線では風もあって寒さも感じる。
浄土山は静かで良い雰囲気だったが、一の越に降りると中学生の集団に巻き込まれ、そのまま雄山の山頂までご同行。。。
雄山を離れたら喧騒からも離れ、静かな稜線歩きが別山まで。内蔵助カールが素敵な景観を作っている。
c0155330_20185541.jpg

いつものことながら初日は寝不足なのか高山病なのか体調が悪い自分はこの日もグロッキー。
別山から剣沢に降り、テントを張ったらそのままダウン。
c0155330_20191777.jpg

翌朝、体調も天気も見事に回復。
初っ端、剣沢の雪渓を渡っていたら上部から飛ばされてきたテントが。回収して無事持ち主の手に。
別山尾根を辿って頂上へ。天気が良いのもあるし、やっぱり最高なわけで。
c0155330_20194016.jpg

穏やかな山頂で至福の時間を過ごし、剣沢へ無事戻り、時間に余裕もあったので予定通り雷鳥沢へ移動。
雷鳥沢もテントは多かったが、良い場所を確保してのんびり。
c0155330_20201059.jpg

素晴らしいロケーションの真っ只中、ここでも至福の時間が流れる。
山はやめられないね。

3日目、みくりが池の温泉入浴が9時からなのでのんびり朝の時間を楽しみ、温泉は一番風呂を頂いた。
下山後は富山市内で回転寿司をいただいて無事帰宅。
じんわりと素敵な景観の中で過ごした名残が残り、しばらくは幸せをかみ締めながら過ごせそう。
c0155330_20433844.jpg

クロユリ
c0155330_2044297.jpg

クルマユリ
[PR]

by something_great | 2012-07-27 20:44 | 山歩き
2012年 07月 27日

Alpine Climbing

ずーっと敬遠していたアルパインクライミングについに手を出してしまった!
なんせ敬愛するボスがヤル気満々で神奈川から来てくれているし、師匠のtaroちゃんもあまり表に出さないけれど「今日は絶対マルチ」と決めている。ハナエモンと自分の心中は、朝の雨もあってそれほど盛り上がっていなかったけれど、2人に引っ張られるように御在所前尾根へ。

結論。
マルチピッチは同じ山遊びでも縦走とは全くベツモノ。
縦走もパーティは重要な要素ではあるけれども、マルチピッチでザイルを結ぶパートナーとの関係性はそれとは全く違う緊張感と信頼感と、配慮や洞察が必要で、それはそれでとても魅力的に感じられる。
今回taroちゃんは3人を引き連れてかなり負担が大きかったはずだが、見事にメンバーを完登に導いた。
そんなtaroちゃんは全くの初心者の自分とザイルを結び、簡単なところではリードをやらせてくれ、ほんの少しでもその面白さを味わわせてくれた。感謝の言葉も無い。

なんだかんだで時間がかかって結局11時間半行動。
最後は真っ暗な中ヘッデン点けて山を駆け下り、ボスの最終の新幹線に間に合わせたところでこの日はコンプリート。
実に濃ゆい1日を一緒に遊んでくれたみんなに感謝。
c0155330_19272549.jpg

c0155330_1928898.jpg
c0155330_19282095.jpg
c0155330_19283420.jpg

[PR]

by something_great | 2012-07-27 19:29 | 岩遊び
2012年 07月 14日

花の名山

今年最初のテント泊山行は白馬岳へ。
高2で訪れて以来だから随分と久しぶり。
前回は唐松からキレット経由で蓮華温泉に抜けたので、今回は歩いたことの無い大雪渓を詰めることにした。
天気予報は2日目に確実なる雨予報。。。

白馬の道の駅で仮眠後、八方バスターミナルに行ってみると・・・猿倉行きのバスが無い。
本格的な夏山シーズンはこの週末からで、各所のバスの運行も13日から始まるそうで。
事前に調べるべきだったが、まぁそうならそうで別にいいかと気にせずにそのまま猿倉へ。
c0155330_22462682.jpg

c0155330_22464589.jpg

猿倉から白馬尻小屋を経て大雪渓に入る。
雪渓歩きは単調な上に急傾斜を直登するよう仕向けられるので足に堪える。
時折左右の支沢から「カラカラ」と落石が転がり落ちる音が響く。
自分に向かってくる石が無いか進行方向上部を見ながら歩くのもまた厄介。
登るに従い雲が切れ始め、稜線手前ですっかり抜けて見事な杓子岳が間近に見える。
c0155330_224751.jpg

c0155330_22473362.jpg

半分バテ気味ながら頂上小屋に着き、そのままテントを張ってしばらくのんびり過ごす。
寝不足と体力的なものと、いつものように最初はグロッキーになり、何もする気なし。
それでも晴れてるうちに頂上だけは行っておくかと空身で山頂へ。
頂から望む剣の形は見事な三角錐で格好良い!
山頂からの眺めを満喫した後、フラフラしながらテントまで戻って昼寝。

予報通り夜半から雨が降り始め、翌朝もバッチリ雨。
あわよくばと思っていた栂池行きをさっさと諦め、そのまま大雪渓を下山。
下山した時間が早くて昼飯にも温泉にも微妙な時間だったけれど、「みみずく」と「ちとせ」で無事済ませ、せんじゅさんにも立ち寄ってのんびり。
時間がたっぷりあったので帰路につくのも余裕があった。

で、今回家に帰ってから確認したお花たちは・・・
ウルップソウ・キヌガサソウ・シナノキンバイ・ミヤマイシガマ・イワウメ
タイミングとしてはちょっと早かったっぽいけれど、それでもお花畑は目に優しい。
c0155330_2250117.jpg

[PR]

by something_great | 2012-07-14 22:51 | 山歩き